読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

nobinobiの術

心も体もノビノビしたがっているよ。

苦しみよ、ありがとう。

世の中、解せないことはたくさんあるけど、それが親しい人からの言葉や態度だったから、なんともやりきれない思いでいた。

 

 

解せないとしても、それは受け入れる以外にはない、と知っているのに、どうやって接したらいいのかわからず、長いあいだ困惑していた。

 

 

自分の思考や心の動きをじっくり観察してみる。

 

 

そこには「期待」があった。
当然こうあるべきだ、という私の「エゴ」があった。

 

 

エゴは、放っておくと悲しみや怒りに変わる。

 

 

「期待を裏切られた」という言葉があるけれど、それは相手が裏切ったのではなくて、自分の期待が違っただけで、相手に怒りをぶつけるのはお角ちがいなんだよなあ。

 

 

そういうこともよくわかっているから、相手に怒りの感情を抱く自分を嫌悪する。怒りの矛先が自分に向いていく。

 

 

そこから逃れたくて、なかったことにしようとする。知らなかったことにしようとする。ジタバタする。

 

 

触れないようにしようと、傷口に蓋をする。

 

 

 

でも、そこに、あるんだよね。しっかりと。

 

 

 

 

が、今日、突然、そのことに決別できた。

 

 

「許せない」という気持ちを捨てられないのは、相手のせいじゃなく、私の心が狭いからでもなく、そういう思考パターンを持つという癖なのだ、ということを認識できたからだった。

 

 

なあんだ、また、癖かあ。

 

 

必要のない癖だったら、やめたらいいだけだだったよね。

 

 

「許そう」と思った。

 

 

本当は、許すも許さないもなく、そこには問題なんて存在しなかったんだよ。私が「許せない」と思っていたから問題だっただけ。

 

 

 

だから「手放そう」と思った瞬間に、問題が消えたんだ。もう大丈夫と確信できた。そしてフワッと軽くなった。これで次に進んでいける。

 

 

 

 

アレクサンダーテクニックのワークの中で、何度も何度も練習しているように、身体も思考も感情もいらない癖を捨てて、自分を自由にしてあげればよいだけじゃん。

 

 

私と相手の関係はこれから大きく変わるだろうけれど、実際にはとっくの昔から変わっていたんだ。見ようとしていなかっただけ。ずっと同じものなんて、もともとないんだから、それでいいのだね。

 

 

本当に観察力はパワフルだ。

 


アレクサンダーテクニックに賛辞を送っていたノーベル賞経済学者のニコラス・ティンバーゲンがこう述べている。

 

 

「行動を観察したり、なんだろうと不思議に思う」古くからのメソッドが、実際のところ、人類の苦しみ、特にストレスによる苦しみからの解放に寄与する」ってさ。

 

 

 

痛みは、いつだって気づきのキッカケ与えてくれるね。苦しみよ、ありがとう。

 

 

 

今日も読んでくれてありがとう!サンキュッ!

感謝です🙏

 

にほんブログ村 健康ブログ アレクサンダー・テクニークへ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康コンサルタント・コーチへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ